マーフィーのスパンモデル~スーパーボリンジャー遅行スパンの読み方

今回はこちらの商材の検証です

マーフィーの最強スパンモデルFX

著者 マーフィー柾木利彦

過去の検証記事はこちら▼

マーフィーの最強スパンモデルFX 【検証・評価】

 

かなり長い間売れ続けている大ヒット商品ですよね。

本日は

”スーパーボリンジャーバンド遅スパンの読み方”

について詳しく検証していきたいと思います

 

売買ゾーンが一目瞭然!!

 

こちらはスパンモデルとのスーパーボリンジャーチャート

ピンク色のライン遅スパン

 

上記のチャートはユーロドルの4時間足チャート。

・・・売りが有効なエリア

・・・・買いが有効なエリア

 

真ん中のピンク色のラインが遅スパンも売買タイミングをはっきり表しております。

ローソク足が遅スパンの下に潜った状態であれば売り

逆なら買いが優勢な相場であると判断出来ます

 

また、こちらはスパンモデル単品チャート

スパンモデルチャート

ここでも遅スパンが売買エリアをはっきり示しております

 

基本的にスーパーボリンジャー単品で使用するよりも

スパンモデルと組み合わせて使う方が騙しも少なくなり最適です

 

遅スパンのサイン

トレンドの勢いが強ければ強い程

売買シグナルが顕著に現れます

 

逆にこのようにサインが曖昧であればエントリーを見送り

売買シグナルを待ちます

 

 

この様に、マーフィーさんのスパンモデルFX

売買のタイミングが非常に明瞭であり

相場との優位性も高いと思われます

 

但し、単純にチャートを追いかけるだけでは騙しに逢います。

スパンモデルでは

2つのチャートの適切な売買タイミングが公開されています

 

「エントリーの方法が分からない。。」

そんな方にもオススメの教材です

 

 

 

メルマガご購読はこちら▼

▼FX必勝レポート無料配布中♪▼

名前
メールアドレス

コメントを残す