損切りは必要経費と割り切りましょう!!

損切り

FXは投資です。

投資である以上、常にリスクが伴います。

 

最近、ブログの読者の方からこんなメールを頂きました▼

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【読者様からのメール】

” 私は、以前から、FXは知っていましたが、、

フジTVのプロデューサーのように

素人が興味本位でやると1億円以上の損失で、懲戒解雇になるだけだと、、、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

↑この方とは数回のメールのやり取りを行いましたが、

質問の内容がバラバラで、こちらも返答するのにかなり困りました^^;

上記のの内容は、恐らく損切りせずに塩漬けポジションが原因であろうと思います。

 

良く、短期間で口座を破綻させてしまう人が居ますが、

そのような方の大半が「損切り出来ない人」です。

きちんと、その都度損切りラインを決めておけば、

口座破産のリスクを大幅に減らすことは可能です。

 

特に、リアル口座の場合、必要以上にポジションを立てたくなります。

また、損切り=損の確定ということなので、

どうしても損切りを受け入れられない人もいる様です。

確かに、マイナス決済を出してしまうことは誰でも気持ちの良いものでは有りません。

 

しかし、投資である以上

”リスクを想定内に入れておく”

これが非常に大切です。

 

相場は大多数の集団心理によりレートが動いています。

自分の思惑通りに動いてくれないことも有ります。

有る程度相場が逆行してしまった場合は、

潔く撤退することも戦略です

 

”未だ大丈夫!!もう少ししたらそのうちプラス方向に戻るから”

。。。。

。。。。

。。。

 

実はこれがFXでは一番ダメな行為なんですね^^;

有る程度の含み損に耐えられる資金が有る場合はまた別かも知れませんが、

 

それでも、やはり含み損を抱えるとストレスになります。

5~20pips程度であれば、その後持ち直す可能性も有りますが、

 

一度の反転でその後大きくマイナス方向に動く場合もあるのです。

「Vチャートパターン」などがその典型ですね

 

-5pipsの含み損から始まり、

気が付いたら

-100pipsの含み損発生!!

。。。。という経験をお持ちの方も決して少ない無いようです。

 

損切りは確かに辛いです。

私も損切りの場合、ポジションを切ることを躊躇うこともあります。

 

しかし、

何処まで逆行するか分からないストレスを抱えるのであれば、

潔く損切りした方が気が楽です。

 

例え、損切りで終わったとしても、

またポジションを建てなおせば良いことです^^

 

”損切りを潔く行う行為”

このマインドを強化することが、

常勝トレーダーへの第一歩であると思います。

 

メルマガご購読はこちら▼

▼FX必勝レポート無料配布中♪▼

名前
メールアドレス

コメントを残す